バス乗車時マスク必須

夜行バスの持ち物にマスクは必須

夜行バスにはマスクを持っていく

夜行バスに乗る時の持ち物に欠かせないのがマスクです。いつもつけている人ならいいのですが、普段からしていない人だと忘れがちです。ではどうしてマスクがいるのでしょうか。夜行バスの中は温度調節をするために空調をつけているので、乾燥している場合が多いです。その為、のどがカラカラになってしまうことがあります。寝ているときにその空気から自分を守ることが必要なのです。また、狭い空間にたくさんの人たちがいるため、風邪を引いている人などがいたらすぐにウイルスが蔓延する環境です。そういったものから自分を守る役目もあります。

高速バスで持っていくべき持ち物

移動料金が安く済むため高速バスを利用する人は増えてきています。しかし、飛行機や新幹線と違って時間がかかるため、快適に過ごすためには事前準備がとても重要となってきます。では、どのような持ち物をもっていくべきなのでしょうか。まず、必要なのはネックピローです。長い間座っている必要性があるのでどうしても首が凝ってきてしまいます。そんなときにおすすめなのがネックピローで、寝るときもこれがあるのとないのではかなり快適さが違います。次に必要なのは飲み物です。高速バスの中は乾燥しやすいため、必ず喉を潤すようにしましょう。マスクがあると尚良いです。

↑PAGE TOP